Bruno 東京で動画制作なら
ビジネス映像制作専門のポライズンへ

アスペクト比(あ行|動画制作に役立つ用語集)

2018-09-10

東京で動画制作するならビジネス動画が得意な【ポライズン東京】がおすすめ! > 動画制作に役立つ用語集 > 用語集あかさたな行 > アスペクト比(あ行|動画制作に役立つ用語集)

アスペクト比(動画制作に役立つ用語集)

アスペクト比

「アスペクト比」とは、動画や映像を作る際の画面の比率のことです。「アスペクト比」という言葉は聞いたことはないかもしれませんが、「16:9(じゅうろくたいきゅう)」だとか「4:3(よんたいさん)」だとかという言葉を聞いたことはないでしょうか。もしくは「地デジサイズ」だとか「アナログサイズ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。「画面のアスペクト比」というのは「画面比率」のことを言い、要するにテレビ(もしくはイベント会場のスクリーン)の画面の縦・横の比率のことです。

以下のような画像で比較すると分かりやすいかと思います。

アスペクト比較

動画を作る上で、大きく分けると「16:9」と「4:3」の2つの画面比率(アスペクト比)の種類があります。実はこれ、どのような動画を作る際にも、知っておくべき重要なものです。我々が毎日見ている横長のテレビ、あれは「16:9」の画面です。「16:9」はよく「地デジサイズ」とも言われるものです。「16:9」のサイズで作っておけば高画質・高音質のBlu-ray Diskに焼き付けて複製することも可能となります。

一方で、一昔前のアナログテレビ。あれは「4:3」の画面比率となります。いわゆる「アナログサイズ」とも言われるものです。こちらの「4:3」で制作したものは古い規格のDVDにしか複製できませんので、Blu-ray Diskでの複製などを考えている人は避けておいた方が良いでしょう。

最近ではわれわれ制作者側も、お客様から「4:3画角での制作をお願いします」と言われない限り、16:9で作るのが当たり前でスタンダードになっております。ですから、16:9以外の画角での動画制作を希望される際には、動画制作の目的や用途と合わせて、予めお伝え頂けますと助かります(あとで画角をかえるとなると大変ですからね)。

また、最近ではInstagramなどのSNSが採用している「1:1」の正方形型のアスペクト比も、ウェブ広告やUGCコンテンツ(ユーザー生成コンテンツ)では主流となっています。そしてスマホの普及でよく見るようになった縦型のアスペクト比も増えてきております。動画のアスペクト比は、その時代に主流となっているデジタルデバイスによっても使い分ける必要がありそうですね。

(最終更新:2022年8月)


動画制作&動画広告のポライズン東京では、 LINE公式アカウントの「友だち」を絶賛募集中です!

こちらのアカウントでは「映像制作や動画配信に関するトレンドやおすすめ」など、中小企業様のビジネスに活かせそうな動画関連の最新情報や、割引クーポンなどのお得な情報を定期的に配信しております。また トークルームからワンタッチのお問合せも可能ですので、LINE公式アカウントから お気軽にご相談くださいませ。

ご興味がございましたら、以下の「友だち追加ボタン」をタップしていただき、「友だち」になって頂けますと幸いでございます。

友だち追加

「プロが作る動画を もっと身近にリーズナブルに!」というテーマの下、動画制作や動画運用の「トレンドやおすすめ」…など、皆様のビジネスで活用できそうな有益な情報を定期的に配信していきます。どうぞ よろしくお願いします!

友だち募集中LINE公式


ポライズンは、テレビ番組の制作からWeb動画や採用動画、商品プロモーション、サービス紹介など、ビジネスシーンで使う動画・映像の制作を専門とするプロ集団です

友だち追加

東京の映像制作&動画制作の【ポライズン】は、テレビ番組の制作協力からウェブ動画や採用動画、商品プロモーション、サービス紹介など、ビジネスシーンで使う動画・映像の制作を専門とするプロ集団です。また動画広告の運用サービスも展開しております。最近では、企業様のYouTubeチャンネル案件も多数請け負っております。ご興味がございましたら、お気軽にお問合せくださませ。

タグ: ,

動画制作実績ご紹介

ブログ/お知らせ

お問合せ

動画制作・映像制作に関する事は、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

土・日・祝休日10:00~19:00

03-6327-0867